CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
昔の自動車はなんだか楽しかった
0

    今朝の気温は-2度。このところ桜のつぼみが膨らんできた。今日から気温は上がってくるらしい。桜が咲く日も近いか?

     


    ウチに桜の木は2本ある。1本は家に近くて結構切ったのでほぼ咲かなかったのだけど、今年はいくらか蕾が付いている。もう一本も去年より多く咲きそうな感じだ。

     


    咲く花を見るのにはとてもいいんだけど、消毒など全くしない放任なので、毛虫が付くのは問題。お陰でかセミが集まってくる。夏には朝から騒がしいほどに鳴いてる。

     

     

    今日は昔の自動車の話。最近ではいろいろな機能が開発されている。「ハンドルに合わせてヘッドライトが動き、走る方向を照らす」とか「ハイビームとロービームの切り替えが自動で出来る」とか。

     


    そのアイディアは、当時自分が考えていたことだけどね。まさか実現されるとは思わなかった。特許を取ってたら儲かったかも?ただ特許ってことさえ思いもしなかったけどね。

     


    いい機能なのに無くなったのは、三角窓。当時はエアコンを付ける事は少なくて、夏の運転はとても暑かった。そんな時、三角窓は風を導く最高の手段だった。ただ、今ではPMと花粉や排ガスの汚れた空気はいらないか。

     


    当時はエアコンが無かったから、雨の日はウインドウの内側が曇ることが多くて、この対策にも苦労した。曇りにくくするために、常にガラスは拭き上げていた。

     


    当時の自動車は燃費が悪く、その上でエアコンを付けたらもっと悪くなる。カネのない若者には、エアコンを付けるかどうかは大きな選択肢だったんだ。

     


    当初エアコンのコンプレッサーはレシプロモーターだった。ロータリーモーターが出た時は画期的と思った。スイッチを入れても馬力を損なわないと評判だった。

     


    タングステンのヘッドライトは暗くて、特に大雨の日はほとんど見えなかった。丸型のヘッドライトは規格は統一されていて、大きさは2灯と4灯で違うくらい。

     


    ラリーなどで使われるヘッドライトやフォグランプの「シビエ」や「マーシャル」などのメーカー品を取り付けて、夜走った時は感激した。ハロゲン球は思いのほか明るかった。

     


    スパークプラグを替えてみたり、排気効率が良くなると専用のマフラーカッターを取り付けてみたり、「燃費が良くなる」とか「出力が上がる」とか、思えば当時はそんな話に妙に敏感に反応していたね。

     


    当時のエンジンはアナログだったからね。最近はコンピュータ制御になってしまって、素人が弄られるところはほとんど無いね。

     


    その結果「趣味のクルマ弄り」はなくなり、機械部分のメンテナンスはディーラー任せ。今の若者が自動車を買わなくなったのは、そのあたりの影響があるのかもしれない。

     


    でもその結果、クルマは乗るための道具になった。メンテナンスと言えば、バッテリーとタイヤ交換くらい。それで思い通りに走ってくれるから嬉しい。

     


    先ではガソリンエンジンが無くなるのかな。自動車はどうなっていくんでしょうね?

    そうそう、ドアの閉まる時の音だけど「ドンッ」って言う。静かに閉まるドアって出ないのかな?作って欲しいものだね。

     


    では、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょう。

     

     

    ではまた。

    | ライフ | 16:30 | comments(0) | - |
    車イスで外出時の必須アイテム
    0

      今朝は10度。今年は桜が早いようだ。いっとき、花粉症が酷くて花見に行かなかったけど、このところ改善してきたんだ。

       


      花粉症対策のサプリを20年近く飲んできたからね。とは言っても年中じゃなくて、1月頃から4月頃までの限定だけど。おかげで改善したなら凄くいいことだ。

       


      ただ、歳のせいで免疫力が落ちてもアレルギー反応は減ってくるらしい。そっちならあまり嬉しくないねぇ。しかし花見に行けるようになったのは嬉しい限り。

       


      今日は手袋の話。5年ほど前までは、冬でも外出する時は手袋をしたことが無かった。「車イスのハンドリムが滑って、上手く動けない」と言うのが理由。

       


      確かに手は冷たいけど、思い通りに動けない事を思うと「ない方が良い」と決めていた。ただ最近、問題が。冬になると手に霜焼けが出来始めたんだ。

       


      それは歳のせいなのか分からないけども。そこで園芸用の手のひらと指の周りにゴムのコーティングがしてある手袋を使ってみた。

       


      少なくても冷たい風は防げるし、ハンドリムの動きもゴムの種類(手袋の種類)によってはかなり調子よく操作が可能なものを見つけた。今年は霜焼けも出来かけたが、酷くならずに治った。

       


      最近では外出する時の必須アイテムになってきた。以前、手で操作していた時はあまり気にしなかったけど、外出するとかなり手が汚れている。

       


      まぁ、地面に接したタイヤが回って上がってくる部分の近くにあるハンドリムを操作するんだから、考えると無理もない。特に白い手袋をすると汚れがよく解る。

       


      そんな訳で、今では一年を通して外出する時は手袋が必須という話。園芸用などとして売られているものだけど、車イスの操作にも使えるし、いいアイテムになってる。

       


      ゴム質はあまり車イス操作に向かないようだけど、10双が1,000円程で園芸店で売られているものもあるのでいろいろ試してみるといい物が見つかるかも。自分は園芸もするので一石二鳥。手が汚れにくいというのは、とてもいい事だね。

       


      では、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょうか。

       

       

      いかがでしたか。スカッとしますねぇ。ではまた。

      | ライフ | 11:30 | comments(0) | - |
      当初、洗浄便座にあった温風ボタン
      0

        昨日は久しぶりの雨。朝の気温は12度と暖かかった。ただそのあとが寒く最高気温はあまり上がらなかった。春は急に来るらしいけども。

         


        既に3月の半ばを過ぎた。昔から言うよね、「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る…」か。確かに、いつも気付くと「もう年末だ!」とか、焦ってる自分。

         


        先日トイレでふと思い出した。洗浄便座の出始めの頃、付属機能に「温風」ボタンがあったなぁ、と。

         


        その友人の家は洗浄便座の導入が早かった。当時はお尻を洗うなんて習慣はなかったから、洗浄機能を使うことは無かったけど、ある日困った事にトイレットペーパーが無くなっていた。

         


        それで「どうしようか」と思案した結果、せっかくの機能「お尻を洗ってその『温風』ボタンを押して乾かせばいいんだ。」と妙案が浮かび実行した。その結果は…そう、期待通り。

         


        少々の時間では乾くわけもなく、結局トイレから助けを求めてトイペを貰った。「そんな事があったなぁ」というお話。

         


        最近は公衆トイレなどで手洗いの後に使う温風機が設置されているが、もちろん乾くまでには至らない。ただ車椅子では使えないね、両手を使わず動くのは無理…。まぁ、ハンカチは持ってるからいいんだけどね。

         


        結局、洗浄便座の温風機能は、無くなったね。使えないものは、無くなって当たり前。まぁ、道理だろうね。

         


        そう言えば最近の政治界は、「嘘は当たり前」「責任は取らない」「質問ははぐらかす」なんて当たり前という風潮が強い。「温風」ボタンみたいにいらない政治家が多いのも確か。

         


        こんな自分が言うのもなんだけど、尊敬できうる政治家のちゃんとした政治が見てみたいと思う今日このごろ。

         

         

        では、今日もブロディ・スミス氏のトリックショット・バトルを見てみましょうか。

         

         

        いかがでしたか。ではまた。

        | ライフ | 11:30 | comments(0) | - |
        外で遊ぶ人が少なくなったのは
        0

          今朝は-2度。畑で伸び放題になっていた草を抜いていると、暖かくなってきた。わが家の梅もやっとちらほらと咲きつつある。

           


          花が咲いたら実が欲しいもの。実がなる梅なんだけど、なかなかこれが成らないんです。困ったもの。その昔食べた梅のジャム。また食べたいなぁ。

           


          最近は子供の数が減っているのは確かだけど、外で遊ぶ子がいないね。小学校の頃は家に帰るとすぐに「○○ちゃんと遊ぶから。」と飛び出して行ったもんだけど。

           


          最近の子は何をしているんだろうね。勉強? ゲームか? スマホなど弄ってる? 体育館とかでスポーツしてる子もいるんだろうけど、外で遊ぶ子は見かけない。

           


          そう言えば大人も外で遊ばなくなってきたよね。昔なら休日前は仕事をさっと切り上げて居酒屋で一杯とか繰り出すことも多かったはず。

           


          最近じゃ飲みに出る客も減ってるんだろうね。斯く言う自分も「家飲み」ばかり。ここは小さな町だけど飲み屋が割りと多かったんだ。最近じゃめっきり減って、選ぶほど店は無いよ。

           


          この状態の原因は、パソコンとかスマホが普及した事にも一端があると思うんだ。お酒を飲みながら友人とワイワイしながら発散していたものが、パソコン相手に出来るようになってきたから。

           


          パソコンがリアルな人の代わりを務めるのは無理だけど、割りと思い通りに動いてくれるし、それなりに答えを出してくれるからね。なにより何かの拍子に争いになったりするアクシデントはほぼ無いからね。

           


          「本を読みながら酒を飲む」は無いけど「パソコン弄りながら酒を飲む」は有りだよね。最近はAIなど出てきて、喋って相手もしれくれる様になったんじゃない。でも自分はまだそこまでは浸かってないよ。

           


          子供の遊ばないもスマホやパソコンが絡んでいるのかな。でも若いうちはいろんな人と触れ合って、人の感情とか思考についてもっと知る必要があると思うね。

           


          最近、無防備で事件に巻き込まれるケースなどをよくニュースで見かける。ネットの中の相手に対する印象を本気で信じちゃダメでしょ。自分を守るためのガードをしなくちゃ、何重にも。

           


          最初の「子供が外で遊ばない」から随分外れてきたけど、パソコンやインターネットはこれからの人類をどう変えていくんだろうね。

           


          ただふと思ったんだけど「友人が近くにいない」とか「孤独だ」という問題、ネットが使えるようになれば、ある程度解消できるかもしれないね。ネットの危険性も十分に理解しなくちゃいけないけど。

           


          今日はブロディ・スミス氏のゴルフ・トリックショットを見てみましょうか。

           

           

          すごい人達です…。ではまた。

          | ライフ | 10:30 | comments(0) | - |
          ディスクの投げ方を考えてみた
          0

            昨日は日中からだんだん冷えてきて、今朝の気温は-3度とまた冬に逆戻り。なかなか一足飛びに春にはならないものだね。先日はメジロを見たけどね。

             


            そう言えば、そろそろ誕生日。もう嬉しい歳じゃないけど、近くに同じ誕生日の人を3名知ってる。もちろん生まれ年は違うけどね。

             


            星占いで同じ誕生日だったら、同じだよね。性格はどうなんだろう。調べたことは無いけれど同じ(似てる)ってことはあるか?うーん、無いでしょ。という事は、星占いって…。

             


            今日はフライングディスクの話。今年からアキュラシーで7mを投げているんだけど、なかなかうまくまとまらないよ。そこで、何処に問題があるのか考えてみた。

             


            バックハンドでの投げ方としては、テイクバックから腕を振り、手首のスナップを効かせてリリース、そしてフォロースルー…という流れなんだけど、腕の回転運動から的に向かう直線運動へのリリースが、投げる数だけ同一ならば集中するんだよね。

             


            回転運動から直線運動へ変えるのはボールを投げる野球と同じことだから、同じ握りをして同じスナップで投げればいいはず。ディスクの持ち方も重要な要素ということだろうね。 これまで自分ではグリップをあまり重要視してなかったかもね。

             


            手首のスナップも同じでクイックにしないといけないだろうね。握りとスナップ、リリースで方向はほぼ決まるということかもしれないね。

             


            テイクバックは速度を付けるためのものと考えればいいのかな。肩がいい選手は遠くにボールを投げられるわけだから、FDでは腕の振りの力をどれだけディスクに伝えられるかでディスタンスの距離が違うということになるね。

             


            自分は残念ながらディスクがあまり飛ばないんだ。目下の目標は30m超え。愛媛大会では、女子選手が30m以上飛ばしていた記録があるよ。自分で出来ることをいろいろ考えてみましょう。

             


            まぁ、負傷を抱える老体に鞭打ってボチボチやってみる事にしよう。健康で暮らすことに繋がると信じてね。

             


            では、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットバトルを見てみましょう。

             

             

            凄いね。ではまた。

            | フライングディスク | 13:30 | comments(0) | - |
            << | 3/10PAGES | >>