CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
ガス給湯器の湯が出ない
0

    寒っ!雪は無いが、問題が起きた。ガス給湯器が凍ってお湯が使えない…(絶句)。今朝の気温は-7度。給湯器15年前に一度凍った事があるが、それ以来の出来事。

     


    寒さのせいと言うより、ヒーターが一応巻いてあるのだけど、そのヒーターは15年前のもの(だったみたい)。給湯器は2年前に交換したので、ヒーターも替えたつもりでいた。「そりゃ、間違いなくそれだね。」と原因は取り敢えず判明。

     


    しかし、お湯が使えない。朝食後、早いけどガス屋さんに電話してみる。転送された。当番の人が居るんだろうね。「早くからスンマセン」と思いつつ、状態を説明。「解けるまで待つしか無い」とのこと。お湯をかけるのは破裂の危険があるのでダメとの説明。ドライヤーは使えると教えてもらう。

     


    15年前はお湯を使ったけど、やってはいけなかったんだね。ただ、お湯は保温を外す必要があるし、濡れるので後が冷たい。よって当初よりやる気は無かった。「ドライヤーは景品でもらった使わないのがあるな」と考えていた時に閃いた。「使い捨てカイロが使えそうだ!」。

     


    給湯器を見にいくと割ときっちり保温は巻いてある。出てる部分はほんの少し。ただ、ヒーターが巻いてあるぶん給湯管は太くなるので保温が一部開いて完全でない。そこが問題だったのかも。ヒーターさえ効いていれば…。

     


    取り柄得ず、給水管と給湯管の出ている金属部分に使い捨てカイロを3枚当てる。その上をタオルで巻いて保温。接触部分が僅かなので弱い気もするが、これで様子を見ることにする。「何もせず待つよりいいかな」と言うくらいの対処。

     


    昔なら当たり前の事だが、ひねるとお湯が出る生活に慣れるといつも通りの生活は出来なくなる。時間が他に回せると言えば確かにそのとおりだが、人間 楽を求めることは人生の向上につながるのかどうか。少し考えさせられた。

    でも、また直ると流されるよね。還暦過ぎても進歩はないかぁ。

     


    次の問題は「近いうちにヒーターを交換しなくてはいけない」こと。この冬、もっと寒くなるのか否か。そこが問題だが、来週あたり暖かくなるとか予報で言ってたので狙い目かな。今年も、新年早々いろいろあります。

     


    今日はここまで。

     

    | ライフ | 13:00 | comments(0) | - |
    お神籤
    0

      今朝の気温は2度。ただ、みぞれが降っていました。比較的雪の降る時の気温は高い気がしますね。積もったあとはぐっと冷えますけど。

       


      これから2、3日結構寒い日が続く予報ですね。昨日はかなり強い風も吹いていました。去年辺りから複数の低気圧が並走するケースが増えている気がします。これも温暖化の影響でしょうか。荒れる天気はあまり好みませんけど、程々にお願いしたいものです。

       

       

      先日、元旦に天神様でひいたお神籤は「吉」だった。という話はしました。ところで、その「吉」の位置づけはどうなるのかな?と、調べてみました。

       


      すると神社や地域によって違いがあるようです。
      その一つが 【大吉】【】【中吉】【小吉】【末吉】【凶】【大凶】
      もう一つが 【大吉】【中吉】【小吉】【】【末吉】【凶】【大凶】
      ということのようです。「吉」は変わるんですね。

       


      はっきりするには神社に聞いてみるのが一番でしょう。ただ、お神籤は気持ちの問題と言えばその通りなので、詳しく調べる必要は無いのかも・・・。今を受け止める指針として確認できれば、十分なのかもしれません。

       


      その他、浅草寺では【半吉】【末小吉】、厳島神社には【平】があるという話もあります。浅草寺には20年以上前に一度行きましたが、お神籤をひいたかどうかも定かではありません。とてもお参りの人は多く、人波に流された記憶だけですね。

       


      厳島神社は割と近いので、次にお参りした時に忘れずにひいてみたいものです。でも、どちらかと言えばレアな「平」より「大吉」の方が気持ちはいいですよね。

       


      そう言えばいつもざっと読んだ後、神社の木などに結んで帰りますが、内容などほぼすぐに忘れてしまいます。今年はカメラに撮ってみました。見返す機会があることを期待して。

       


      悪い運勢のおみくじを木や結びどころに結ぶことで、良い方に転じてもらうとか悪い運を神社に留めておくという意味や、「神社と縁を結ぶ」という意味もあるようです。

       


      また、片手で結ぶといいという話を聞いたことがあったのですが、利き手の反対の手で結ぶことで、困難を乗り越えるという意味で良い方に転じるというお願いが出来ると言う話もあります。

       


      運勢に関わらず、お神籤を持って帰っても問題は無いようです。ただ大切にすることと、最後は神社にお返ししてお焚きあげすることが大切とのことです。粗末にしないようにしましょう。

       


      では、今日もブロディ・スミス氏のYouTubeを見てみましょう。今日はサッカーゴールの「クロスバー チャレンジ」です。お楽しみください。

       

       

      さて、2018年は始まったばかりです。今年も良い年になるよう頑張りたいものですね。

      | ライフ | 11:00 | comments(0) | - |
      成人の日
      0

        今日は成人の日。一時、成人式が荒れるってことがあちこちで置きていましたが、少なくなったんでしょうか?自己主張とかプライドなどが少し違う方向へ向いてしまうんでしょうが、先で笑い話になる程度の行動で収まるといいなと感じます。

         


        今日は雨。気温は5度。最近で最も暖かです。が、これからさきグッと冷え込むという予報になっています。インフルエンザも流行している折、気をつけたいものです。

         


        昨日は正月に撮りためた映画を見ました。「エヴェレスト 神々の山嶺」と言う映画もその一つ。「羽生丈二(阿部寛)」がエヴェレスト南壁の無酸素登頂を目指しますが登頂後、天候に阻まれ生還できない。


        「深町 誠(岡田准一)」が、羽生丈二登頂を確かめる為にエベレストに向かいます。そして氷の塊となった羽生丈二に出会い、傍らのメモを見つけます。

         


        そのメモには
        「足が動かなくなったら、手で進め。
        手が動かなくなったら、指で進め。
            指が動かなくなったら、歯で進め。
            歯が動かなくなったら、目で進め。
            目が動かなくなったら、心で思え。心で想え。」
        と羽生丈二の言葉が記されています。壮絶な生への執着です。そのメモを読んだ深町 誠は、必死に生還する。

         


        と、そんな映画でした。
        自分は、還暦を過ぎ筋力の衰えを感じつつある昨今ですが、このまま出来ないことがどんどん増えていくのは問題が多いですね。そして健康寿命は男性で71歳程と言われているので、あと10年ほどと言うのはあまりに悲しい。

         


        エベレストに登るわけではありませんからそれ程の筋力は必要ありませんが、普通に生活するための最低限の筋力は維持して、生きているならせめて健康寿命を超えても笑っていたい。現在、肩の筋肉が随分落ちてしまいました。先ずはそこを少しずつ取り戻していきたいと思っています。

         


        さて今年の目標がもう一つ決まったところで、ブロディ・スミス氏のトリックショットを楽しみましょう。

         

         

        いやぁ、素晴らしい…。

        | ライフ | 20:00 | comments(0) | - |
        << | 2/3PAGES | >>