CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
ピロリ菌呼気検査
0

    朝から雪花が舞っている。今年はやはりいつもより寒い気がする。
    前の土日でなくて良かった…。福岡まで行くのにこの気温と天候は辛いぞ。その福岡行きの話はまた今度機会があったら。

     

    朝


    今回はピロリ菌呼気検査の話。


    昨日、その検査をしてきた。以前、もう6年ほどになるだろうか胃の内視鏡検査でピロリ菌が発見された。

    わりと胃は丈夫な方で、その日はたまたま胃が重く感じたので掛かりつけの医者に行った時だった。


    思った以上に胃は荒れていて、後日 組織検査で「腸上皮化生」と診断された。勿論ピロリ菌も発見されて、その症状はピロリ菌による悪さで起こる症状とのこと。

     

    1週間の除菌の結果、一応除菌は完了した。除菌中は副作用が起こる場合があるようだが、自分の場合は(鈍いのか)何も起こらず問題はなかった。


    その後は、朝晩の食後は胃薬を飲むことになったのは言うまでもなく、腸上皮化生は胃がんになる可能性も報告されているので、年一度の内視鏡検査が必須になった。


    幸いにその後、胃の状態にあまり変化がなく平静を保っている。呼気検査は一月ほど前の内視鏡検査でピロリ菌が居ないとされた結果をさらに確実にするためのもので、これで陰性ならばピロリ菌は完全に除菌できている事になる。

     


    呼気検査なので、簡単だろうと高をくくっていたが、起きてから検査まで水や食事を口にできないのは少しきつかったかな。


    検査は、まず通常の呼気をバッグ(袋)に採取して、その後検査薬を飲んで横になり5分、座って20分程した後で再度呼気をバッグに採取して終了。あとは結果を待つだけ。

     


    まぁ、厄介な菌を身体の中に入れてしまったなと言うお話でした。

    通常の検査の場合、このピロリ菌呼気検は健康保険適用外となるようですが、一度はやっておいた方がいいかもね。


    長くピロリ菌を置くと胃のダメージは計り知れない事になりますよ。自分の場合も、胃は丈夫な方で「そんな菌が居る訳がない」と思い込んでいたのが裏目に出たかたち。一度はやっておきましょう。

    | 健康 | 11:00 | comments(0) | - |
    霜焼けの季節
    0

      連日の氷点下。今年は寒くなるのが早いようですね。

       

      寒くなると、自分は足の血流が悪いため、霜焼けになってしまいます。これは例年のこと。
      ただ数年前からは手の指が霜焼けになり始めました。これは老化によるものでしょうか。困ったものです。

       

      霜焼けとは

      5〜10度の軽度の低温環境にあって起こる一種の血管麻痺。貧血性、腺病質、多汗症、栄養不足などの者がなりやすく、特に、小児と女性に多い。

      国語大辞典(新装版)小学館 1988

      とあります。なんとかしなくちゃいけません。


      自分の対策としては、「使い捨てカイロ」を靴やルームシューズの中に入れること。
      ただ靴下は2枚履きにしないと低温やけどが心配です。また熱く感じた時は、即 出さないといけません。低温やけどは、重症になるケースが多いと聞きますからね。

      また製品によって温度が違います。もし試される場合は、いろいろ注意しましょう。


      御存じの方も多いでしょうが、使い捨てカイロは、鉄が酸化する時に熱が発生する「反応熱」を利用しています。と、いう事は酸素を遮断すると酸化は止まるので、使わない時は密封できるビニール袋に入れておけばカイロの反応熱を持ち越せます。

       

      約16時間発熱する製品が多いので、昼(8H)だけ使用するならほぼ2日使える計算ですね。30個入りを購入すれば、両足に入れて約1ヶ月利用できますね。

       

       ※ 新聞広告のほうが安い時があります!

       

      それから靴の中に入れるなら、貼るタイプがお薦めです。貼らないタイプは、時間が経つと形が変わり固くなってゴワゴワしてきます。ただ歩く場合は、足裏に強く押し付けることになるので、低温やけどにご注意ください。

       


      さて役に立つか、立たないか微妙な内容でしたが、ブロディ・スミス氏のトリック・ショットを見つけましたので紹介します。

       

       

      楽しんで頂けましたか?

      あのように、スッキリ遠くまで飛ばしたいものだべさ。

      | 健康 | 15:00 | comments(0) | - |
      << | 2/2PAGES |