CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
アクセル踏み間違え! ありえない
0

    台風がパラパラと発生したせいか、数日前の予報と天気が違ってしまいました。今日は車検に出す日に決定したのに、朝から雨です。

     


    昨日のそんな夕方、妻が妙案。「今日、出せば」。早速電話してみると、まだ営業中で「大丈夫です」との返事。早速、納車した。

     


    案の定、今朝は早くから雨。今回、近くの整備工場に初めて車検を出してみたけど、ガソリン価格の高い折「これは正解かな」と思う今日この頃。

     


    今日は、最近の便利(?)になってきた自動車のお話。もっと先ではAIによる自動運転なんてこともありなんでしょうね。

     


    最近のCMを見ると「アクセルとブレーキの踏み間違え」に関して、当たり前に起きる事として宣伝してませんかね。「ブレーキアシストが付いているから安心」って。

     


    映像でも慌てた拍子に、アクセルを踏んでしまい「あっ」と思ったけど自動で止まって「ふぅ、良かった・・・。」って感じ。

     


    でも、実際にはアクセルとブレーキを間違えて操作するなんて、「あり得ない」事ですよ。あってはいけない。その時すでに「アウト!」です。

     


    ブレーキアシスト付きの自動車が必要と思った時点で、免許証は返納すべきじゃないかと思うね。それを間違えるなら、きっと他の判断も的確にできないはずでしょ。

     


    いろいろな機能が装備されるようになってきた最近の自動車。でもヘッドライトの自動点灯は良いと思うね。トンネルや暗くなっても点灯しないドライバー対策になる。

     


    またロー・ハイビームを自動で切り替えてくれる機能もある。ヘッドライトのレンズと照明の性能があがり、ビームの明暗の差が際立ってきたので、これも必要かも。

     


    ただ、対向車がいなくて前に車がいる場合、ロービーム?ハイビーム?どっちなんでしょうね。ハイビームじゃ前の車が眩しいだろうね。悪さしてると感じるかも。

     


    そんなメカ満載の時代だけど、わが家の自動車は未だにキーで操作するタイプ。つまり古い車なんです。最近の車を代車に出されても、オロオロしてしまう。

     


    そう言えばアイドリングストップ機能っていうのもあるね。いい装置かも知れないけど、その機能をつけるとバッテリーの寿命が短くなりそうだね。

     


    本当に必要な装備か、いらないものかってよく考えて決めないとね。ブレーキアシストを付けてまで運転するのか、どこかで見切りをつけるのかってことかな。

     


    自分は後者を選びたいね。

     


    さて、今日もブロディスミス氏の少し前のトリックショットを見てみましょう。

     

     

    如何でしたか。素晴らしいですね。

    | ごたく | 16:30 | comments(0) | - |
    コーヒーについての話し
    0

      とうとう梅雨の季節になりました。今日は朝からしとしと雨が降っています。雨の日は気分が少し晴れない気がします。必要な雨ではあるんですけどね。

       


      青じそが取れる季節になりました。刻んだり巻いたりしていろんな食材を頂きます。シソがあるだけで美味しくなりますよね。キュウリがぼちぼち大きくなっています。今年はなんとか長い期間、実を付けてくれるように頑張ってみたいと思います。

       


      さて今日はコーヒーの話。まずはカフェインについて、先日知ったことを書いてみたいと思います。

       

       

      カフェインと言えば「人の活力を増強し疲労感を減少させる」ことができる。これは認識力や運動パフォーマンスの向上にも繋がり、また短期記憶や集中力の向上にもなると言います。

       


      詳しい事は省略しますが、カフェイン飲料を摂取した場合「血液脳関門」にたどり着き、眠気をもたらすアデノシンと呼ばれる物質の活動を阻害します。

       


      そのアデノシンは「様々な化学物質を脳から放出することで、エネルギーレベルを低下させ眠気を促進する」という働きがあるとのこと。

       


      その阻害作用により「カフェインを摂取すると眠気が吹き飛ぶ」ことになるんだそうです。ただこの作用には欠点があります。

       


      それは「クリエイティブさ」が低下するということ。「ひらめき」や「アイディア」は、何かに集中しているときではなく、物事から開放された時にやって来る場合が多いようですね。

       


      一長あれば一短があるものです。適材適所、場合に応じて使用することが大切ですね。

       


      結局、「コーヒーを飲むことは体にいいことなのか?」についてアメリカのコンシューマー・レポートによるまとめによると、

       


      「健康的な生活を送っている人は一日に3〜5杯のコーヒーを飲み、そうでない人に比べて心疾患を患うリスクが15%程度低い」とされているようです。これはコーヒーに含まれる抗酸化物質や抗炎症物質による作用と言われます。

       


      一方、健康のための「1日カフェイン摂取量は400mgを超えるべきでない」とも言われるようです。これは通常のコーヒーカップ(230ml)2杯分に相当する量とか。

       


      「なら、多いじゃん」と言う人も多いかもしれません。そういう自分も少し多いかもしれません。まぁ、きっちりした性格でもないのでその辺りで「良し」にしましょう。

       


      前に示したように、カフェインは脳の注意力・集中力、認知力に対するパフォーマンスを高める効果があります。

       


      定期的にコーヒーを飲んでいる人は、2型糖尿やパーキンソン病、アルツハイマー病にかかるリスクが低いことが分かっていて、脳の働きを高める効果があるようです。

       


      また「日中2杯のコーヒーを飲むと、夜の寝付きを良くする」と聞きました。コーヒーポリフェノールのクロロゲン酸類がそうさせるようです。

       


      まぁ、良いとか悪いとかいろいろ言われていますが、適当な量のコーヒーを摂取することにより健康になったり穏やかに過ごせることはとてもいいことです。

       


      では、今日もブロディスミス氏のショットを見てみましょう。

       

       

      飛びますねぇ、凄い・・・。ではまた。

      | 健康 | 14:30 | comments(0) | - |
      センザキ辺りをドライブした
      0

        5月ももう終盤。やはり今年は気候が異常だね。暑いと思えば急に涼しくなるし、服選びが難しいね。

         


        最近すっかり投稿が減ってしまっている。はっきり言ってスランプだね。書く内容が閃かない。書いててもなんだか面白くなくなって・・・。いかんねぇ。

         

         

        センザキッチンに行ってみた。仙崎は最近行ってない。幼少の頃、祖父母に連れられて、青海島を遊覧船で回った記憶がかすかにあるくらい。

         


        ちょうど昼食時、食事をする人でダイニング棟は人で溢れていた。海鮮丼の「海鮮丼 Ajito」、カレーの「ターカリー」。

         


        さらに魚介スープ仕立ての「仙崎らーめん はれるや」、鉄板イカ焼きの「長七屋」、備長炭で焼く「焼きとりや ちくぜん」、寿司の「千石」と何をチョイスするか迷ってしまう。

         


        センザキッチンだけでなく、近くには美味しい店がいろいろあるようだ。今回はちょうど席が空いたので、まずは海鮮丼を注文。すこし少ないが手頃な金額で、待つことなくすぐに食べられるのもいい。

         


        少し足りないので「ターカリー」で鯨カレーを注文。こちらもテイクアウトができるようにルーとご飯が別にパックされている。こちらは割とボリュームがあるし、美味しい。ただお店の人が外人さん。細かいことは通じないかな。

         


        折角なので焼き鳥も頼んでみた。柔らかくて美味しかったが、量と待ち時間を考えるとちょっと残念な気がした。

         


        その日は土曜日で天気もよく昼食時。ダイニング棟周辺は、観光客でごった返して鳥を焼く煙でモウモウとしていた。また遊覧船に乗る人も多かった。波も穏やかで今日は青海島一周で1時間半のコースだという。

         


        その後は、仙崎駅に寄った後、みすゞ通りを散策して、次の目的地、元乃隅稲成神社へ。着く前はだんだん山道になり、神社の手前では駐車待ちで渋滞が起こる状態だった。

         


        観光バスも4〜5台来てたし、駐車場はひっきりなしに入れ替わる状態。ここも観光客でごった返していた。まぁ、最近はテレビでよく見る観光地だからね。無理もないか。鳥居の賽銭入れはパスした。

         


        次は東後畑棚田へ。このルートはほとんどの人が回るようで「ずっと同じ人に出会うね」と妻が言ってた。そういえば、最近顔を覚えるのが下手になった。歳のせいか、はたまたボケ始めたか・・・。

         


        まだ段々田圃はすべて田植えが済んでなくて水が張ってない田圃も。もう少し後だったら良かったかな。三脚を据えて、カメラマンが数名陣取っていた。まだ夕焼けまでは時間があるけど・・・。

         


        次は楊貴妃の里・ニ尊院へ。さすがにここへは付いて来る人はいなかった。以前来たことがあるが、当時より寂れていた。敷きレンガの隙間から草が生えたりして・・・。

         


        また車いすでは、段差が多くて全て回るのは難しいね。分かっていたけど、以前ウチにいたシーズーのポンタが楽しそうにそこを走り回ったから。その思い出に来てみたんだ。

         


        さて次は、道の駅おふくへ。ここも昔、ポンタと来た所。前はレストランがなかったと思うんだけど、唐揚げ定食が美味しかった。唐揚げは6個ほどあったかな。こんなに食べたのは最近では珍しい。

         


        近くを散歩したんだけど、前来たときは田圃ばかりだったのに、ブルーベリー畑になっていた。う〜ん「年月が経つというのはこう言うことなんだな」と実感。

         

         

        これで、この日のお休みは終わり。なかなか楽しい一日だった。


        では、今回もブロディスミス氏のトリックショットを見てみましょう。

         

         

        如何でしたか。ではまた。

        | ライフ | 17:30 | comments(0) | - |
        キュウリよ、大きくなぁれ
        0

          なんと暑くなったり寒くなったり。今年は気温差が大きすぎる。「四季は何処へ行ったのやら」と嘆きたくもなります。

           


          ゴールデンウイーク頃、暑くなったので、早いけどコタツを片付けることにした。すると連休が終わった途端にまた寒くなり、最近やっとコタツなしに慣れてきた。

           

           

          さて、ずいぶん更新をサボってしまいました。もう5月も下旬です。今年は、ブルーベリーとイチジクは調子がいいみたい。今後どうなるかは分かりませんが・・・。

           


          毎年の事ながら、キュウリを植えました。キュウリはみずみずしさと少しばかりの青臭さがたまりません。残念ながら店頭で買うキュウリには、それを望むことは出来ません。

           


          ブルームと言う白い粉を吹くものが美味しいと言われます。ブルームはきゅうり自信が実を守るため出す粉。農薬と間違われるなどと言われ、ブルームレスキュウリが市販品では主流です。

           


          またイボイボが痛いくらいのキュウリが美味しいのです。見た目を重視するのは止めてほしいものですね。だから夏は自分でキュウリを植えるのです。

           


          ただ、結構作るのが難しい。まず、丈夫な苗がなかなか出来ない。自分が下手なだけかもしれませんけど、思うように出来ませんね。

           


          売られてる苗は立派ですよね。「茎も太いし、葉も大きい」そんな苗が理想ですが・・・。どうもその域には、達しません。

           


          植えたらその次の問題が、ウリハムシ。コイツが葉を食い荒らします。かと言って農薬は使いたくない。そこで問題が起きます。

           


          何とかならないかとネットで調べてみました。まずコンパニオンプランツとして、ネギを混色するといいようです。苗を定植する際に、穴にネギを3本ばかり先に入れます。

           


          ネギの根の上にポットから出したキュウリを置き、土を被せます。これで、成長が良くなると言います。またウリハムシはネギが嫌いと言う情報もありますので、そうならば一石二鳥です。

           


          次はキュウリの葉に灰をかけるといいようです。量は適当ですが、これもウリハムシが嫌うという話です。ただキュウリはアルカリ性に弱いということですから、適当に。

           


          いくらかはウドンコ病にも効果があるようなので、効けばこちらも一石二鳥。ただ、キュウリは整枝が大切ということで、なかなか美味しいキュウリを作るのは難しいようですね。

           


          さて、久しぶりにブロディ・スミス氏のショットを見てみましょうか。

           

           

          いかがでしたか。ではまた。

          | 野菜畑 | 09:20 | comments(0) | - |
          遮光カーテンの有効期間
          0

            ゴールデンウイークも前半は終わり、今日は雨。この天気はゴールデンウイークの後半にも影響を与えるとの予報が出ていますね。

             


            あまり酷い天候にならないことを望みたいものです。昨日、キュウリとゴーヤを植えました。今年は苗がうまく出来ず、購入してしまいました。残念!

             

             

            遮光カーテンを取り付けたのは15年前。朝、日が射して明るくなっても部屋の中はカーテン越しの光は入ってこないので重宝してた。

             


            それ程、遅くまで寝ていることはないのだけど、夏になると4時過ぎには明るくなってくるので目が覚めてしまうと、もうそこから眠れない事もしばしば。

             


            遮光カーテンの効果は絶大で、そんなこともなく重宝していた。しかし近年、妻が「朝が明るくて目が覚める」と言う。鈍いのか、自分はそんなこともなく寝ていられるんだけど…。

             


            先日、ふと思い出してネットでググってみた。すると「遮光カーテンの寿命は4〜5年」との記述あり。「へぇ、そうなんだ!」とビックリ。

             


            まぁ、確かに終日紫外線にさらされるのは確かで、先日もカーテンを束ねておくベルトの紐が切れて修復したばかり。日々の繰り返しだから、痛むのは当たり前か。

             


            しかしそう簡単に効果が落ちるとは思わなかった。とは言え普通のカーテンよりは15年経った今でも効果はある。透けて明るさは見えるけれども。

             


            通販で探してみたら、結構安く購入できた。布の質や長さが全く違うけど。「4〜5年もてばいいか」と言った経緯で購入を決めた。

             


            早速、遮光の効果を確認してみたが、確かに日中の陽差しをすっかりカットするほどの効果は素晴らしい。ただカーテンレールの上から漏れる明かりは何とかしたほうがいいみたいだ。

             


            取り敢えず、朝の明るさも低減できたし、これから更に日の出時間は早くなってくるので対策は完了です。めでたし、めでたし。

             


            しかし今年は台風やら高温やらいろいろな予報が出ているので、気をつけないといけません。できる範囲しか、出来ませんが。

             


            では今日も、ブロディ・スミス氏のバスケットボールVSフリスビートリックショットを見てみましょう。

             

             

            ではまた。

            | ライフ | 11:00 | comments(0) | - |
            | 1/10PAGES | >>