CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< 霜焼けの季節 | main | ピロリ菌呼気検査 >>
プリンターのノズル事件の顛末
0

    先日、「プリンターのノズルが詰まった」という話を書きました。どうするのがベストかについて熟慮の末、リセッター付き詰め替え用のインクを購入することに決定。安くすむ(?)チャレンジャーを選択。

     


    思考の一端を説明すると、まずは「1.イエローのインクが無くなり、ノズルパターンの確認ができない」ので、単純にはインクの購入が必要になること。もう一つの方法は、リセッターでインクありとすればノズルパターンが印刷可能になる。

     


    それでも「2.ノズルパターンが上手く出力できない場合」については、やむを得ず新規にプリンターを購入することになる。のであれば、さっさと時間もないことだからプリンターを購入して、古い機種が使えるようなら売るという手もある。等々…。

     


    結局、詰め替えインクを購入して、その結果によって行動することにした。そして今日インクが届いた。年末なのに割と早く送られてきて感謝。

     


    まずは「チップリセッター」で無くなったと表示されているインクを復活(形だけ)させてみた。リセッターにガイドは付いているのだがピンに基盤を接触させるのが難しく、数回試行の末やっと緑のLEDが点灯しプリンターに再装着。

     


    次にノズルパターン印刷を試みた。それがまた時間がかかる。ノズルクリーニングを合わせてやっているようで、途中で今度はLC(ライトシアン)のインクが無くなったとの表示が出た。結局ノズルパターン印刷はあきらめた。

     


    再びリセッターの登場となり、今度は割と早く緑のLEDの点灯。装着した後、ノズルパターン印刷はもうやめて黒の文字を印刷してみることにした。プリンターの設定をグレースケールにして印刷。結果はあっけなく文字のカスレもなく問題はみえない。

     


    この結果については、先日ググった時に「クリーニング後ノズルパターンが出ない場合でも、しばらく放置すると回復することがある」との記述もあった。そういうことだったのかも?!

     


    何はともあれプリンターのヘッドが復旧したことはありがたい。あとは、詰め替え用インクを補充して印刷するのみ。

     


    これで我が酉年を無事に送る事が出来そうな目処が付いた。 やれ、メデタシ、メデタシ!

    | Windows | 17:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする