CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< 我が家のプリンターが… | main | プリンターのノズル事件の顛末 >>
霜焼けの季節
0

    連日の氷点下。今年は寒くなるのが早いようですね。

     

    寒くなると、自分は足の血流が悪いため、霜焼けになってしまいます。これは例年のこと。
    ただ数年前からは手の指が霜焼けになり始めました。これは老化によるものでしょうか。困ったものです。

     

    霜焼けとは

    5〜10度の軽度の低温環境にあって起こる一種の血管麻痺。貧血性、腺病質、多汗症、栄養不足などの者がなりやすく、特に、小児と女性に多い。

    国語大辞典(新装版)小学館 1988

    とあります。なんとかしなくちゃいけません。


    自分の対策としては、「使い捨てカイロ」を靴やルームシューズの中に入れること。
    ただ靴下は2枚履きにしないと低温やけどが心配です。また熱く感じた時は、即 出さないといけません。低温やけどは、重症になるケースが多いと聞きますからね。

    また製品によって温度が違います。もし試される場合は、いろいろ注意しましょう。


    御存じの方も多いでしょうが、使い捨てカイロは、鉄が酸化する時に熱が発生する「反応熱」を利用しています。と、いう事は酸素を遮断すると酸化は止まるので、使わない時は密封できるビニール袋に入れておけばカイロの反応熱を持ち越せます。

     

    約16時間発熱する製品が多いので、昼(8H)だけ使用するならほぼ2日使える計算ですね。30個入りを購入すれば、両足に入れて約1ヶ月利用できますね。

     

     ※ 新聞広告のほうが安い時があります!

     

    それから靴の中に入れるなら、貼るタイプがお薦めです。貼らないタイプは、時間が経つと形が変わり固くなってゴワゴワしてきます。ただ歩く場合は、足裏に強く押し付けることになるので、低温やけどにご注意ください。

     


    さて役に立つか、立たないか微妙な内容でしたが、ブロディ・スミス氏のトリック・ショットを見つけましたので紹介します。

     

     

    楽しんで頂けましたか?

    あのように、スッキリ遠くまで飛ばしたいものだべさ。

    | 健康 | 15:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする