CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< 最近の車イスは見栄えがよくなった。 | main | ウチの周りの山積みの作業 >>
歯の健康を取り戻すために
0

    久しぶりに雨。今年のサクラはあっという間に散ってしまった感じ。既にほぼ葉桜と言う状態になったね。気温が高かったからやむを得ないかも。

     


    今日は急に気温が下がったね。土日はもっと下がるらしい。一昨日なんかは窓も開け放して、風鈴がチリンチリン鳴ってたのに。あ、ウチの風鈴はずっと部屋の中に掛けてあるんで…。

     


    先月から別の歯科へ行き始めた。下顎の3本の歯だけじゃなく「他の歯まで危ないんじゃないか」と危機感を感じたので。

     


    レントゲンを撮って歯周ポケットのチェックをしたら、全ての歯でとても良くない診断結果が出た。歯周ポケットの深さは深いもので8mm、平均で6mmくらいだったかな。ヤバイぞ。

     


    確実に歯の健康を取り戻すためには「歯周病菌を除菌治療」する方法が一番効果があると薦められたが、値段がお高いのでお断りした。治療は2ヶ月間、マウスピースに薬を塗り付けて寝るだけ。これは、自分には無理かも。

     


    唾液の検査をしたが「歯の健康」「歯茎の健康」どちらもかなり悪い結果だった。まぁ、これまでの歯科で積極的な治療をしてくれなかったので当たり前の結果かもね。

     


    やっと治療をしてもらえる状況になったけど、歯石取りはかなり痛くて、治療中は体に力が入ってる。う〜ん、男は我慢…。歯石の硬さは個人差があると言い、長年かけて放って置いたつけは大きい。

     


    歯ブラシで新しい発見があった。これまで先の細くなったブラシを使っていた。「ポケットに入るので良いか」と思ってたけど、あまり丹念にすると出血するのでおざなりにしていたところがあった。

     


    勧められたされた歯ブラシは、尖ってないもの。聞けば「症状の程度によっては平らな方がいい」と言う話。使ってみるとよく磨けて出血しない。「素人考えでは解らない」と言うお話でした。

     


    自分では磨いたつもりでも汚れは残っているもので、赤い試薬をつけて検査すると「真っ赤」で、これには驚いた。最近は、毎食後の歯間ブラシと、30分ほど後で歯ブラシで磨くのが日課になってしまった。

     


    歯磨きによる、歯についたプラークの除去状況は3回目で25%くらいに減った。もっとキレイに磨けているつもりなのに、難しいものです。

     


    ほぼ2週間ごとの通院。下顎の7番の両奥歯が歯槽骨が下がっている事と、歯周ポケットも8mmと深いので歯石を取って復活するかが懸案事項。

     


    揺れが治らなければ抜いた方がいいんだとか。出来るだけ何とか自分の歯を残したいんですけどね。まだまだ治療は続きます。

     


    では、気分を変えてブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょうか。

     

     

    いかがでしたか。では、また。

    | 健康 | 11:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする