CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< イシクラゲが繁殖しています | main | ディスクの投げ方を考えてみた >>
何で走る自動車がいいんだろう
0

    今日は7度、昨日は4度。ただ今日は雨で風も強いらしく、あまり暖かくならないかな。睡蓮鉢で飼っているメダカが泳ぎ始めた。寒い冬は、底でじっと耐えているんだろうね。

     


    先日、中位の大きさの壺を弟がくれた。貰ったらしく骨董ではなく新しいものだが、見栄えはいい。今年はこの壺にメダカの引っ越しを考えている。10cm程、土に埋めてやれば冬が暖かいかもしれない。

     

     

    ハイブリッドとか電気自動車とか、駆動方法が色々な種類の自動車がでてきた。気になるのはやはり燃費と価格。燃料チャージの方法やその時間も気になるところ。

     


    水素自動車という選択肢も出てきているが、水素ステーションの数とか「事故=爆発」にはならないかとか、素人にはよく分からない。

     


    電気自動車も充電施設の数が気になるところ。さらに充電時間が長くかかるのは最も問題になるだろう。また、最近スマホに充電するためのモバイルバッテリーの発火事故を多く耳にする。

     


    ニュースで映像を見ると、発火したバッグを消化器や水で消火しているがバッグの中身はどうなのかとそっちが心配になる。きっと大切なものもあるだろうに…。

     


    日本製は大丈夫との声も聞かれるが、問題はバッテリー。電気自動車といえばバッテリーだよね。安全性は大丈夫かな、これも不安な要素だし、バッテリーは重いね。

     


    電気と言えば「水」にはあまり強くないね。最近の雨の降り方を見ると極端で、あっという間に冠水してしまう。モーターで水の中を走るのもどうなんでしょう。完全防水になってるんだろうか?

     


    だからといってガソリンエンジンに戻る選択肢は無いみたいだ。だんだん淘汰されるんだろうね。燃費をとってみてもウチの軽四でさえ13km/L程だから。う〜ん、走らん。

     


    モーターで走って、ガソリンエンジンで充電するタイプの自動車も出ているよね。「これが一番使いやすいかもしれないな」と考えているんだ。これなら従来通りガソリン自動車の使い方が出来る。

     


    その燃費がどれほどか調べたことはないけど、バッテリーもそれ程多く積む必要はないでしょうね。昔、DASH村のソーラーカーって有りましたよね。すごい数のバッテリーを積んでたよ。

     

     

    そうそう、ガソリンエンジンは熱源になるけど電気自動車の暖房はどうなんでしょう。暖房・冷房ともエアコンになるのかなぁ。新しい自動車は分からないことが多いですね。

     


    新しい種類の自動車の話をしましたが、ウチではまだ替える予定は無し。10年選手をボチボチ使っていきますよ。せめて5万キロは走るまでは。

     


    では今日はブロディ・スミス氏の「BRO vs PRO」ゲームを見ましょうか。

     

     

    如何でしたか。それでは、また。

    | ライフ | 10:30 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする