CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< ガス給湯器の湯が出ない | main | 久しぶりのインフルエンザ罹患です >>
大相撲・一月場所の見どころは
0

    今朝の気温は2度。久しぶりに暖かい朝です。ただ、今日は夜には雨との予報だったので曇っている。日が出ないと気温は高くても暖かいという実感が少ないよね。

     


    先日注文した凍結防止ヒーターだけど、うっかり「お取り寄せ」の文字を見落としていた。保温テープは翌日届いたけど、まだヒーターが届かないし、入荷もしてない模様。いつもなら確認するところなんだけど、お湯が出なくて焦っていたんだね。ホームセンターのほうが早かったね。残念…。

     


    いろいろな問題が発覚し釈然としない状態の中、大相撲・一月場所が始まったね。この場所の注目点は、やはり横綱白鳳の立ち合いかな。「横綱の品格」についてもっと早く日本相撲協会や横綱審議委員会は手を打つ必要があったと思う。

     


    4年前、大鵬親方が亡くなってから白鳳の相撲は荒さが際立って見え始めた。勝利への執着というのか立ち合いの張り手、かち上げに見せた肘打ちなどおおよそ横綱とは思えない取り口でがっかりしたものだ。

     


    横綱相撲と言えば、やはりどっしりと構えて胸を貸すぐらいの許容を見せてほしいし、そこからねじ伏せる強さを見たい。最低でも変化しちゃダメでしょ。「勝ちたい気持ちが勝った」なんて言い訳にもならない。

     


    スポーツマンなら審判の判定は絶対だから、それに抗議するなんてもってのほか。即レッドカート、退場だね。九州場所の嘉風戦で見せた抗議の仁王立ち。まさに横綱の真価が問われる前代未聞の態度だったと思う。

     


    貴ノ岩暴力問題の後、やっと白鳳の立ち合いについて横綱審議委員会から苦言を呈す意見が出された。これで相撲が面白くなるのか。暴力問題も日馬富士の引退による尻尾切りのような決着で本当にいいのか。まだまだ問題の多い日本相撲協会であり大相撲だ。

     


    日本の国技なんだから、もっとちゃんとして欲しいと言う気持ちは国民誰にもあると思う。そうなるのは何時の日なんだろうか。

     

     

    さて、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょう。これはかなり古いもののように見えて、あまり派手さはありません。

     

     

    では、またどうぞ。

     

    | ごたく | 11:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする