CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< アルディメットのルール | main | 大相撲・一月場所の見どころは >>
ガス給湯器の湯が出ない
0

    寒っ!雪は無いが、問題が起きた。ガス給湯器が凍ってお湯が使えない…(絶句)。今朝の気温は-7度。給湯器15年前に一度凍った事があるが、それ以来の出来事。

     


    寒さのせいと言うより、ヒーターが一応巻いてあるのだけど、そのヒーターは15年前のもの(だったみたい)。給湯器は2年前に交換したので、ヒーターも替えたつもりでいた。「そりゃ、間違いなくそれだね。」と原因は取り敢えず判明。

     


    しかし、お湯が使えない。朝食後、早いけどガス屋さんに電話してみる。転送された。当番の人が居るんだろうね。「早くからスンマセン」と思いつつ、状態を説明。「解けるまで待つしか無い」とのこと。お湯をかけるのは破裂の危険があるのでダメとの説明。ドライヤーは使えると教えてもらう。

     


    15年前はお湯を使ったけど、やってはいけなかったんだね。ただ、お湯は保温を外す必要があるし、濡れるので後が冷たい。よって当初よりやる気は無かった。「ドライヤーは景品でもらった使わないのがあるな」と考えていた時に閃いた。「使い捨てカイロが使えそうだ!」。

     


    給湯器を見にいくと割ときっちり保温は巻いてある。出てる部分はほんの少し。ただ、ヒーターが巻いてあるぶん給湯管は太くなるので保温が一部開いて完全でない。そこが問題だったのかも。ヒーターさえ効いていれば…。

     


    取り柄得ず、給水管と給湯管の出ている金属部分に使い捨てカイロを3枚当てる。その上をタオルで巻いて保温。接触部分が僅かなので弱い気もするが、これで様子を見ることにする。「何もせず待つよりいいかな」と言うくらいの対処。

     


    昔なら当たり前の事だが、ひねるとお湯が出る生活に慣れるといつも通りの生活は出来なくなる。時間が他に回せると言えば確かにそのとおりだが、人間 楽を求めることは人生の向上につながるのかどうか。少し考えさせられた。

    でも、また直ると流されるよね。還暦過ぎても進歩はないかぁ。

     


    次の問題は「近いうちにヒーターを交換しなくてはいけない」こと。この冬、もっと寒くなるのか否か。そこが問題だが、来週あたり暖かくなるとか予報で言ってたので狙い目かな。今年も、新年早々いろいろあります。

     


    今日はここまで。

     

    | ライフ | 13:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする