CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< スマホのリセット | main | ディスクスロー 04 >>
My クリスマス
0

    すっかり間隔が空いてしまった。まぁ、ブログを始めたけど一番の心配は継続。当初からわかっていたことだけどね…。では、気を取り直して、いつもの今日の気温から。


    今朝の気温は-3度。昨日は3度で暖かだったんだけど。よって凄い結露。-3度ではサッシが凍ることはまだ無いね。
    このところの北の地方の積雪や吹雪を考えれば、こんな事でうだうだ言っててはダメかな。


    クリスマスも過ぎ、今年の残りは片手で数えるほどになりました。どちら様もいいクリスマスを迎えられたのでしょうか。

     

    Xmas


    今年は普通の日々のごとくクリスマスを過ごしました。いや、普通より地味かな。というのも、先週火曜日頃から胃の調子が悪くなり「数日すれば直るだろう」との安易な思いとは裏腹に、金曜日には医者に掛かることに…。


    その日、医者に行くとなんと患者さんの多いこと。よく考えれば土曜日は祭日。待合室のソファーはすべて埋まるほどの盛況(?)ぶり。「これはっ!」と絶句した。とは言えやめるわけにも行かず、そのまま待つこと1時間。


    先日検査したピロリ菌呼気検査の結果はマイナス。これは喜ばしいことなのだけど、「ひょっとしたらピロリ菌が騒いでいるのか」との考えもハズレ。
    そうそう原因がわかると、妙に安心出来るのはなぜでしょう?症状が良くなったわけでは無いのに…。


    その症状はゲップが時々出ることと、胃が重い感じ。「胃がもたれる」という表現が最も的を射ているかもしれない。食事が待ち遠しいと思えなくなったら、これは重症だね。


    結局、クリスマスイブもお粥と卵焼きや里芋の煮物など、当たり障りのない和食。「クリスチャンでもないのに、チキンやケーキもないよな」とボヤきながら、クリスマスも過ぎた。


    幸い医者で貰った薬が効き、快方に向かいつつあり胃のシクシク感も無くなったし、ゲップの回数も随分減った。「正月の料理くらい普通に食べられるようになるかな」という見通しを語れるところまで回復してきた。有り難や、有り難や…。


    原因を考えてみるのだけど、こし餡の入ったパイを一つオヤツに食べたくらいで胃が悪くなるのもどうかと思い、他にもあれこれ考えるが思い当たらない。何もわからないまま「体調が悪かったのかな」と言うことで一件落着となりそう。


    しかし胃の健康ひとつ取ってもこんな状態。よく出来ているとは言え、生身の身体です。皆さんも年末年始、暴飲暴食やインフルエンザいろいろありますから、十分にお気をつけて楽しみましょう。

     

    さて、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットでお楽しみを。

     

     

    楽しんで頂けましたか?それではまた。

    | 健康 | 13:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする