CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< プリンターのノズル事件の顛末 | main | ディスクの握り方 >>
ピロリ菌呼気検査
0

    朝から雪花が舞っている。今年はやはりいつもより寒い気がする。
    前の土日でなくて良かった…。福岡まで行くのにこの気温と天候は辛いぞ。その福岡行きの話はまた今度機会があったら。

     

    朝


    今回はピロリ菌呼気検査の話。


    昨日、その検査をしてきた。以前、もう6年ほどになるだろうか胃の内視鏡検査でピロリ菌が発見された。

    わりと胃は丈夫な方で、その日はたまたま胃が重く感じたので掛かりつけの医者に行った時だった。


    思った以上に胃は荒れていて、後日 組織検査で「腸上皮化生」と診断された。勿論ピロリ菌も発見されて、その症状はピロリ菌による悪さで起こる症状とのこと。

     

    1週間の除菌の結果、一応除菌は完了した。除菌中は副作用が起こる場合があるようだが、自分の場合は(鈍いのか)何も起こらず問題はなかった。


    その後は、朝晩の食後は胃薬を飲むことになったのは言うまでもなく、腸上皮化生は胃がんになる可能性も報告されているので、年一度の内視鏡検査が必須になった。


    幸いにその後、胃の状態にあまり変化がなく平静を保っている。呼気検査は一月ほど前の内視鏡検査でピロリ菌が居ないとされた結果をさらに確実にするためのもので、これで陰性ならばピロリ菌は完全に除菌できている事になる。

     


    呼気検査なので、簡単だろうと高をくくっていたが、起きてから検査まで水や食事を口にできないのは少しきつかったかな。


    検査は、まず通常の呼気をバッグ(袋)に採取して、その後検査薬を飲んで横になり5分、座って20分程した後で再度呼気をバッグに採取して終了。あとは結果を待つだけ。

     


    まぁ、厄介な菌を身体の中に入れてしまったなと言うお話でした。

    通常の検査の場合、このピロリ菌呼気検は健康保険適用外となるようですが、一度はやっておいた方がいいかもね。


    長くピロリ菌を置くと胃のダメージは計り知れない事になりますよ。自分の場合も、胃は丈夫な方で「そんな菌が居る訳がない」と思い込んでいたのが裏目に出たかたち。一度はやっておきましょう。

    | 健康 | 11:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする