CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
キュウリよ、大きくなぁれ
0

    なんと暑くなったり寒くなったり。今年は気温差が大きすぎる。「四季は何処へ行ったのやら」と嘆きたくもなります。

     


    ゴールデンウイーク頃、暑くなったので、早いけどコタツを片付けることにした。すると連休が終わった途端にまた寒くなり、最近やっとコタツなしに慣れてきた。

     

     

    さて、ずいぶん更新をサボってしまいました。もう5月も下旬です。今年は、ブルーベリーとイチジクは調子がいいみたい。今後どうなるかは分かりませんが・・・。

     


    毎年の事ながら、キュウリを植えました。キュウリはみずみずしさと少しばかりの青臭さがたまりません。残念ながら店頭で買うキュウリには、それを望むことは出来ません。

     


    ブルームと言う白い粉を吹くものが美味しいと言われます。ブルームはきゅうり自信が実を守るため出す粉。農薬と間違われるなどと言われ、ブルームレスキュウリが市販品では主流です。

     


    またイボイボが痛いくらいのキュウリが美味しいのです。見た目を重視するのは止めてほしいものですね。だから夏は自分でキュウリを植えるのです。

     


    ただ、結構作るのが難しい。まず、丈夫な苗がなかなか出来ない。自分が下手なだけかもしれませんけど、思うように出来ませんね。

     


    売られてる苗は立派ですよね。「茎も太いし、葉も大きい」そんな苗が理想ですが・・・。どうもその域には、達しません。

     


    植えたらその次の問題が、ウリハムシ。コイツが葉を食い荒らします。かと言って農薬は使いたくない。そこで問題が起きます。

     


    何とかならないかとネットで調べてみました。まずコンパニオンプランツとして、ネギを混色するといいようです。苗を定植する際に、穴にネギを3本ばかり先に入れます。

     


    ネギの根の上にポットから出したキュウリを置き、土を被せます。これで、成長が良くなると言います。またウリハムシはネギが嫌いと言う情報もありますので、そうならば一石二鳥です。

     


    次はキュウリの葉に灰をかけるといいようです。量は適当ですが、これもウリハムシが嫌うという話です。ただキュウリはアルカリ性に弱いということですから、適当に。

     


    いくらかはウドンコ病にも効果があるようなので、効けばこちらも一石二鳥。ただ、キュウリは整枝が大切ということで、なかなか美味しいキュウリを作るのは難しいようですね。

     


    さて、久しぶりにブロディ・スミス氏のショットを見てみましょうか。

     

     

    いかがでしたか。ではまた。

    | 野菜畑 | 09:20 | comments(0) | - |
    | 1/1PAGES |