CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
アルディメットのルール
0

    いや、今日は本当に寒くなった。気温は-3度だったけど、その後あまり上がらず8時過ぎに外に出た時はまだ氷点下1度。晴れて太陽は出ていたんだけど、部屋の温度の上がり方もかんばしくないよ。

     


    今日はフライングディスク競技のアルティメットにのルールについて調べてみた。いつも紹介するブロディ・スミス氏がエースとして2010年にフロリダ大を大学選手権の優勝に導いたフライングディスクゲームですね。

     


    コートは100m×37m。100mの両端に18mのエンドゾーンがあります。一チーム7名ずつが敵と味方に分かれてエンドゾーンのライン上に並び、ディフェンスチームがオフェンス側へディスクを投げることによりゲームが開始されます。

     


    オフェンスチームはディスクをパスでつなぎながら、敵のエンドゾーン内で味方がキャッチすれば1点という簡単なルールです。キャッチした人はスローするまで歩くことは出来ません。得点の入った時点で攻守が入れ替わりますが、そのタイミングでメンバー交代は人数を含めて自由です。

     


    面白いのはこのアルディメット、審判がいないスポーツです。選手はセルフジャッジによってゲームを進行します。身体の接触は禁止です。「スピリット・オブ・ザ・ゲーム」という原則によって成り立っています。

     


    ディスクの規格は、重量:175g・直径:27cmと、障害者フライングディスクで使用するディスクが重量:100g・直径:23.5cmなので大きく重いディスクです。

     


    では、ブロディ・スミス氏のアルディメットハイライトを見てみましょう。ゼッケン21がブロディです。

     

     

    なんと自由自在とはこのことでしょうかね。

    それでは、また。

    | フライングディスク | 13:00 | comments(0) | - |
    ディスクスロー 04
    0

      今朝の気温は-2度。いつもの12月じゃないね。この調子で2月になったらどうなるんだろう?春が来るのが早いとの予報もあるけど、それに期待するしか無いかな。


      しかし最近は交通事故が多いね。CMで「アクセルとブレーキを間違えたことありますか」なんて普通に言ってるけど、ダメでしょ。みんなが間違えてるんだと思ったら、免許証を返すのをためらうよね。自分で危ないと感じたら、運転はやめるべきだと思うよ。


      先日、友人がブレーキアシストの付いた車に乗っていて調子を聞いたら、「ギリギリの間隔で通り抜けようと思ったら、急ブレーキがかかった!」と話していた。
      そう、きっとそうなると思うね。意に反してブレーキが掛かると危険だよ。アシストをオフにする事は出来るんだろうか?

       


      さて今日は久しぶりに「ディスクスロー」。フォアハンドでディスクを裏にして飛ばすスロー。あまり普通にフライングディスクで使うスローではないけど、「こんなスローもありだよ」って感じかな。しかしうまい具合に飛ぶものだね。

       


      いろんなスローが出来ると、楽しいよね。
      今日はこれで。

      | フライングディスク | 11:00 | comments(0) | - |
      ディスクの握り方
      0

        今日はこの冬2度めの-5度。ただこの気温はウチの庭で目視での確認だからね。公表されているのとは違うと思うけど、ただ寒〜いのは間違いない。

        今日はサッシのアルミ部分の結露が凍って拭けないし、一枚サッシが凍って開かなかった。今年はじめてのことだよ。


        ラニーニャ現象が起きてるようだね。ラニーニャになると冬が寒いそうな。どちら様も風邪とかインフルエンザなど十分に気をつけましょうね。


        このところフライングディスクから離れていたので、フライングディスクネタをいきましょうか。


        ディスクの握り方だけど、人によっていろいろな持ち方があるようですね。投げやすく、いつも同じくリリース出来ることが条件ですが、その人に合った持ち方が一番です。

         

        上から下から


        一番大きな違いと言えば、人差し指をどうするかでしょうか。ディスクの縁に沿わすか、縁の下に置くか、すべての指でディスクを握るという方法もありますね。
        自分は縁の下に置く形ですね。当初はすべての指でディスクを握る形にしていましたが、リリースがスムーズにいかない気がして変更しています。


        他の指の使い方ですが、ファーストバックのディスクは内側が二段になって膨らんでいます。その膨らんだ部分に中指を掛けます。その反対(表面)の円周に沿ってギザがある部分に親指を置いて、裏を人差し指と中指、反対側を親指で上下を挟んでディスクの角度を安定させます。薬指と小指は縁を握る形にすると安定するように今は感じています。


        そうそう、あくまでこれは自分の握り方ですからね。自分のなりのいい持ち方を見つけてください。


        今日もブロディ・スミス氏のトリック・ショットを紹介します。

         

         

        いや、いつ見ても完璧ですね。素晴らしい…。

         

        先日、12月9日に「第11回山口県障害者フライングディスク交流大会」がありましたが、予定が重なって出場できませんでした。友人が選手宣誓をしたようです。ビデオで見せてもらいましたが、いい宣誓でした。
        成績はどうだったんでしょう?  いやぁ、行かれずに残念でした。

        | フライングディスク | 13:00 | comments(0) | - |
        | 1/3PAGES | >>