CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
キュウリよ、大きくなぁれ
0

    なんと暑くなったり寒くなったり。今年は気温差が大きすぎる。「四季は何処へ行ったのやら」と嘆きたくもなります。

     


    ゴールデンウイーク頃、暑くなったので、早いけどコタツを片付けることにした。すると連休が終わった途端にまた寒くなり、最近やっとコタツなしに慣れてきた。

     

     

    さて、ずいぶん更新をサボってしまいました。もう5月も下旬です。今年は、ブルーベリーとイチジクは調子がいいみたい。今後どうなるかは分かりませんが・・・。

     


    毎年の事ながら、キュウリを植えました。キュウリはみずみずしさと少しばかりの青臭さがたまりません。残念ながら店頭で買うキュウリには、それを望むことは出来ません。

     


    ブルームと言う白い粉を吹くものが美味しいと言われます。ブルームはきゅうり自信が実を守るため出す粉。農薬と間違われるなどと言われ、ブルームレスキュウリが市販品では主流です。

     


    またイボイボが痛いくらいのキュウリが美味しいのです。見た目を重視するのは止めてほしいものですね。だから夏は自分でキュウリを植えるのです。

     


    ただ、結構作るのが難しい。まず、丈夫な苗がなかなか出来ない。自分が下手なだけかもしれませんけど、思うように出来ませんね。

     


    売られてる苗は立派ですよね。「茎も太いし、葉も大きい」そんな苗が理想ですが・・・。どうもその域には、達しません。

     


    植えたらその次の問題が、ウリハムシ。コイツが葉を食い荒らします。かと言って農薬は使いたくない。そこで問題が起きます。

     


    何とかならないかとネットで調べてみました。まずコンパニオンプランツとして、ネギを混色するといいようです。苗を定植する際に、穴にネギを3本ばかり先に入れます。

     


    ネギの根の上にポットから出したキュウリを置き、土を被せます。これで、成長が良くなると言います。またウリハムシはネギが嫌いと言う情報もありますので、そうならば一石二鳥です。

     


    次はキュウリの葉に灰をかけるといいようです。量は適当ですが、これもウリハムシが嫌うという話です。ただキュウリはアルカリ性に弱いということですから、適当に。

     


    いくらかはウドンコ病にも効果があるようなので、効けばこちらも一石二鳥。ただ、キュウリは整枝が大切ということで、なかなか美味しいキュウリを作るのは難しいようですね。

     


    さて、久しぶりにブロディ・スミス氏のショットを見てみましょうか。

     

     

    いかがでしたか。ではまた。

    | 野菜畑 | 09:20 | comments(0) | - |
    遮光カーテンの有効期間
    0

      ゴールデンウイークも前半は終わり、今日は雨。この天気はゴールデンウイークの後半にも影響を与えるとの予報が出ていますね。

       


      あまり酷い天候にならないことを望みたいものです。昨日、キュウリとゴーヤを植えました。今年は苗がうまく出来ず、購入してしまいました。残念!

       

       

      遮光カーテンを取り付けたのは15年前。朝、日が射して明るくなっても部屋の中はカーテン越しの光は入ってこないので重宝してた。

       


      それ程、遅くまで寝ていることはないのだけど、夏になると4時過ぎには明るくなってくるので目が覚めてしまうと、もうそこから眠れない事もしばしば。

       


      遮光カーテンの効果は絶大で、そんなこともなく重宝していた。しかし近年、妻が「朝が明るくて目が覚める」と言う。鈍いのか、自分はそんなこともなく寝ていられるんだけど…。

       


      先日、ふと思い出してネットでググってみた。すると「遮光カーテンの寿命は4〜5年」との記述あり。「へぇ、そうなんだ!」とビックリ。

       


      まぁ、確かに終日紫外線にさらされるのは確かで、先日もカーテンを束ねておくベルトの紐が切れて修復したばかり。日々の繰り返しだから、痛むのは当たり前か。

       


      しかしそう簡単に効果が落ちるとは思わなかった。とは言え普通のカーテンよりは15年経った今でも効果はある。透けて明るさは見えるけれども。

       


      通販で探してみたら、結構安く購入できた。布の質や長さが全く違うけど。「4〜5年もてばいいか」と言った経緯で購入を決めた。

       


      早速、遮光の効果を確認してみたが、確かに日中の陽差しをすっかりカットするほどの効果は素晴らしい。ただカーテンレールの上から漏れる明かりは何とかしたほうがいいみたいだ。

       


      取り敢えず、朝の明るさも低減できたし、これから更に日の出時間は早くなってくるので対策は完了です。めでたし、めでたし。

       


      しかし今年は台風やら高温やらいろいろな予報が出ているので、気をつけないといけません。できる範囲しか、出来ませんが。

       


      では今日も、ブロディ・スミス氏のバスケットボールVSフリスビートリックショットを見てみましょう。

       

       

      ではまた。

      | ライフ | 11:00 | comments(0) | - |
      バッテリーが上がってしまった
      0

        今日は久しぶりの雨。これから結構強く降るとの予報も出ている。しかし今年は早く暖かくなったもの。「この調子で暖かくなるとどうなるんだろう?」と心配にも。

         


        そう言えば目眩がまだシャントしない。1ヶ月ほどになってしまうので、もう一度薬を貰いに医者に行ってこようかと思いつつある今日この頃。

         


        先日、自動車に乗ろうとしたらリモコンキーが効かない。「あれっ」とキーで開けたらルームランプもつかない。「えっ、こんな事が・・・」

         


        バッテリーがすっかり上がっていた。どうにもならないので、バッテリーを繋いでエンジンをかけようとした。その途端に、クラクションがけたたましく鳴ったので、バッテリーを慌てて外した。

         


        セキュリティーアラームだった。リモコンで開けてないので、盗難防止アラームが効いたままだった。ドアを閉めて、バッテリーを繋いでけたたましくなるクラクションの中、リモコンを操作したら鳴り止んだので、ホッと一息。

         


        1ヶ月くらい前だったか、ガソリンスタンドで「バッテリーが弱ってますよ。」と指摘されていたのを思い出した。「これから夏になるんだから、冬までは大丈夫だ。」と高を括っていた。

         


        それにしても「こんなに暖かくなったのに・・・」上がるのか?! やはり、忠告は真摯に受け止めないといけないと身にしみて知った、61の春。

         


        次は走り出して、ナビを操作したらパスワードを聞いてきた。このナビは、取り付けてから3年ほど。確か盗難防止の為にパスワードを設定していたのを思い出した。

         


        3つばかり入れ直したが、パスワードが通った。やっと取り敢えず元通り。走って、ある程度の充電は出来たけど、交換しか無いでしょうね。いやいや、参ったね。

         


        「いつまでも ある筈もない 当たり前」と言った心境でしょうか。守りをしないで放っておくと、痛いしっぺ返しが待っていたと言う出来事でした。

         


        バッテリーは、4年くらいもったので良しとして、すぐに交換するつもりです。

         


        では、今日もブロディ・スミス氏のフリスビーを見てみましょう。

         

         

        それでは、また。

        | ライフ | 14:00 | comments(0) | - |
        ウチの周りの山積みの作業
        0

          このところ、気温も上がってきたし、ヒノキ花粉もほぼ終わりそう。気になることと言えば、黄砂とPM2.5がやって来ることぐらいかな。

           


          ドングリ(アベマキ)を昨年11月に伐採したので、シイタケ菌を打って見ようかと、やっと決めてホームセンターへ向かってみたら既に売り切れて無くなっていた。

           


          山中のように終日影で湿度が高い場所など家の周りにはどう考えても無いので二の足を踏んでいたら、こんな状況になった。まぁ、よくありがちな事ですね。

           


          今年の春は一気に暖かくなったせいか、季節の変化が早いようだ。近所でフジの花は既に満開になってる。例年なら5月の連休前くらいじゃないかな。

           


          この週末には、夏日になるという予報もある。もしそうなら記録を更新するみたいな事を話していた。桜の満開の頃には、珍しく台風が日本の南に来ていたよね。

           


          草の成長も早い気がする。5月の連休には毎年「家の周りの草取りウィーク」と我が家では決めているんだけど、その頃には凄く伸びているかも・・・。

           


          そんな訳で、今朝は家の東側の草取りを頑張ってみた。いろいろやらねばならないことが山積みになっている。畑の草取りや、野菜を植えるのもその中の一つ。

           


          今年は、グミ(ぐいめ)の花が沢山咲いた。この木は、挿してから5年目程になるかな。実が熟れ始めたら、虫と鳥と競争で争奪戦になりそうな気配。

           


          ブルーベリーは例年のごとく花が咲いている。毎年、結構な量が採れるんだけど、少し甘さが足りないのが残念なところ。でもジャムにすると十分美味しく食べられる。

           


          毎年花は咲くのに、実を付けないのが梅(南高梅)。3本あるんだけど、ここ15年で食べることが出来たのは1回だけ。今年も不作みたいだ・・・。

           


          サクランボもあるんだけど、これも花が咲くだけ。実は熟れる前に虫につつかれてキレイな美味しい実を食べることはほとんど無い。残念な木・・・。

           


          剪定の時期が悪かったのか、ビワも今年はダメだった。去年は割とよく食べたんだけどね。茂木という結構大きいい甘い実をつける種類。袋掛けがけっこう大変だけどね。

           


          去年、生姜を植えてみたら大きく育ってとても良かった。今年ももう少し多く植えないと。ほんと、やる事が山積みなんだ。作業はあまり早くないからね。これも原因の一つ。

           


          さて、何とか頑張っていろいろやってみましょ。出来るだけしかやれないけどね。まぁ、「やる事がないよりいいかな」って感じ。

           


          では、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょうか。

           

           

          ではまた。

          | ライフ | 14:00 | comments(0) | - |
          歯の健康を取り戻すために
          0

            久しぶりに雨。今年のサクラはあっという間に散ってしまった感じ。既にほぼ葉桜と言う状態になったね。気温が高かったからやむを得ないかも。

             


            今日は急に気温が下がったね。土日はもっと下がるらしい。一昨日なんかは窓も開け放して、風鈴がチリンチリン鳴ってたのに。あ、ウチの風鈴はずっと部屋の中に掛けてあるんで…。

             


            先月から別の歯科へ行き始めた。下顎の3本の歯だけじゃなく「他の歯まで危ないんじゃないか」と危機感を感じたので。

             


            レントゲンを撮って歯周ポケットのチェックをしたら、全ての歯でとても良くない診断結果が出た。歯周ポケットの深さは深いもので8mm、平均で6mmくらいだったかな。ヤバイぞ。

             


            確実に歯の健康を取り戻すためには「歯周病菌を除菌治療」する方法が一番効果があると薦められたが、値段がお高いのでお断りした。治療は2ヶ月間、マウスピースに薬を塗り付けて寝るだけ。これは、自分には無理かも。

             


            唾液の検査をしたが「歯の健康」「歯茎の健康」どちらもかなり悪い結果だった。まぁ、これまでの歯科で積極的な治療をしてくれなかったので当たり前の結果かもね。

             


            やっと治療をしてもらえる状況になったけど、歯石取りはかなり痛くて、治療中は体に力が入ってる。う〜ん、男は我慢…。歯石の硬さは個人差があると言い、長年かけて放って置いたつけは大きい。

             


            歯ブラシで新しい発見があった。これまで先の細くなったブラシを使っていた。「ポケットに入るので良いか」と思ってたけど、あまり丹念にすると出血するのでおざなりにしていたところがあった。

             


            勧められたされた歯ブラシは、尖ってないもの。聞けば「症状の程度によっては平らな方がいい」と言う話。使ってみるとよく磨けて出血しない。「素人考えでは解らない」と言うお話でした。

             


            自分では磨いたつもりでも汚れは残っているもので、赤い試薬をつけて検査すると「真っ赤」で、これには驚いた。最近は、毎食後の歯間ブラシと、30分ほど後で歯ブラシで磨くのが日課になってしまった。

             


            歯磨きによる、歯についたプラークの除去状況は3回目で25%くらいに減った。もっとキレイに磨けているつもりなのに、難しいものです。

             


            ほぼ2週間ごとの通院。下顎の7番の両奥歯が歯槽骨が下がっている事と、歯周ポケットも8mmと深いので歯石を取って復活するかが懸案事項。

             


            揺れが治らなければ抜いた方がいいんだとか。出来るだけ何とか自分の歯を残したいんですけどね。まだまだ治療は続きます。

             


            では、気分を変えてブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょうか。

             

             

            いかがでしたか。では、また。

            | 健康 | 11:00 | comments(0) | - |
            | 1/10PAGES | >>