CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon
Counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
広く視界を確保する見方のすすめ
0

    今日は0度、晴れ。暖かくなりそうだが、西寄りの風やや強し。昨日までの草刈りやチェンソーの音もなくわりと静かな土曜日になった。

     

     

    ピョンチャンオリンピックは、まだ日本の金メダルは無し。羽生選手はどうだろうね。SPの演技はすごかった。怪我から復活第一戦であの滑りが出来るものだろうか!?精神力が半端じゃない、凄い人ですね。フリーも出来るだけ頑張って欲しいものです。

     


    さて昨日は「運転中に目の前に揺れるものがない事が、安全運転に繋がる」という話をした。これ一つで安全運転が出来るわけではないけれど、小さいことを積み重ねることで少しでも事故を起こさない運転が出来ればいいなと思います。

     


    今日は、運転するときの見方について。これは少し難しいとは思うのだけれど、この見方が出来ると視野を広く確保できるので、回りのちょっとした変化に気づくことが出来るはず。その見方を説明します。

     


    自分は昔、車椅子バスケットボールをしていました。バスケットボールといえば、出来るだけ広い視野が確保できれば、パスする場合、受ける場合とも、とても有利になることは言うまでもありません。

     


    その頃、NBAバスケットボールをよく見ていました。マイケル・ジョーダン、チャールズ・バークレー、パトリック・ユーイング、クライド・ドレクスラーなどビデオで録画してセットプレーやボールの進め方など、よく学習したものです。

     


    そのゲームを見る時、ボールを追っていては他の選手の動きが見えません。これを「何とか上手く見る方法はないか」と考えて始めたのが、ボールを追いかけつつも全体を広く見る方法。その見方が出来れば、ゲームを120%楽しく見ることが出来るようになります。

     


    ある日、運転しながらその見方を使えば「周りがよく見えるんじゃないか」とふと思い、やってみると前を見つつ横まで注意出来る事が解りました。「一点集中で見るのではなく、広く全体を見渡す感じ」と言えばわかりますか?

     


    バスケットボールだけじゃなくサッカーの中継を見る時も、役に立ちます。ただオリンピックで今やってるアイスホッケーはその見方は無理。パックが小さすぎておまけに早い。ボールを集中して追いかけるだけで精一杯です。

     


    文字を読むなどの時は集中する必要がありますが、全体の状況を把握するだけなら広く視界を確保することで、安全に運転する状況を作ることが出来るようになります。ぜひ、一度お試しください。

     


    では、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょう。

     

     

    いやいや、FDだけじゃなくボールを使っても凄い。ではまた。

    | ライフ | 13:30 | comments(0) | - |
    フロントガラス周辺にはアクセサリーを付けない
    0

      昨日は雨で少し暖かい気がしたけど、今朝はまた-3度。いやぁ寒い。2月も半ば過ぎ、そろそろ暖かくなってきて欲しいもんですね。そう言えば、ウチの梅の蕾が少し膨らんできてる気がします。

       


      この梅、15年で実がなったのは1度だけ。木が大きくならないように剪定するだけで消毒もしないし、構わないのでこんなものかも。南高梅なので美味しかったんだけどね。今年はどうかな。

       


      今日はマイカーの話。ところで「マイカー」って言葉、死語ですか?最近、聴きませんね(^^)。

      フロントガラス回りのアクセサリーですが、あなたは付けますか?もし付けているならば、「判断が遅れるかも」という話です。

       


      自分はフロントガラス周りと言うか、座る位置より前にはアクセサリーは付けません。これは昔の会社の走り屋の社長が「目の前で動く物に慣れると、飛び出しなどとっさの反応が遅くなるよ」と教えてくれたこと。

       


      それを聞き目の前の飾りは即外して、それ以降付けるのは止めにしました。ちょっとしたことですけどね、それによって反応が0.1秒早くなるなら、事故を軽減したり回避できる可能性も出てきます。

       


      0.1秒と言っても馬鹿になりません。先日のスピードスケートで小平奈緒選手と1位の差が0.2秒だったかな。バーチャルで表されたラインとの差です。60キロで走っているとしてもあの距離は大きいですね。

       


      そんな訳で「目に入る範囲に揺れるアクセサリーは無い方がいい」という話でした。「信じるか信じないかはアナタ次第」。どちら様も安全運転には十分に気をつけましょう。

       


      それにしても最近は、アクセルとブレーキの踏み違い事故が増えていますね。自分は両足が不自由なため手動の装置を使っていますが、レバーを引いてアクセル。押してブレーキになっています。これを間違えるようになってはいけません。

       


      ただ事故の映像を見て、アクセルを目一杯踏み込むという動作を、衝突して止まるまで継続してしまうことに少し違和感を覚えます。踏んだ瞬間、間違えたと思ったら緩めるなり、踏み変えるなりしませんかね?

       


      何か根本的な解決方法が必要なのかもしれませんね。

       


      では今日もブロディ・スミス氏のフリスビーショットを見てみましょう。

       

       

      いや、素晴らしい。ではまた。

      | ライフ | 11:30 | comments(0) | - |
      ピョンチャンオリンピックが始まった
      0

        昨日も今日も-4度。こんなに気温の低い冬はないね。「本当にプチ氷河期に入ったのかなぁ」と感じるね。ファンヒーターに使う灯油の減りが早い。追い打ちをかけるのが灯油の価格。最近高いねぇ。


        ガソリンスタンドは最近セルフが多くなった。ただセルフと言いつつも価格はそう安くない。「人件費が節約できるならもっと安くなってもいいのに」と思うが、そんなに単純じゃ無いんだろうね。

         


        ただ思い切り安くなってくれても、自分がセルフスタンドで注ぐことはまず無理。給油のたびに、毎回車椅子で降りることは想定外。という事はセルフとそうでない所の金額差はあまりない方が有り難いのかな。


        ピョンチャンオリンピックが始まった。人工的なコースとは言え、自然の中で行う競技が多い。日本の選手もその中で頑張るが、なかなか苦労している感じは否めない。特に寒さと風には。


        おまけに得点に関して審査員の主観が入ってくる競技は難しい。タイムトライアルやインやアウトなど得点によって勝敗が決まる競技と比べて、芸術性や美しさを表現する判断は難しいように思う。


        最近では審判の判断も含めて結果を公平にするために、ビデオ判定が多く用いられることになってきた。とても良いことだが、ビデオ判定をもっても芸術性に対する審査員の主観問題はどうにもならない。


        専門的な知識もないこちとらが「もっと高い点でもいいんじゃないか」と言ったところで、単なる贔屓目に見ている選手の順位が思い通りになってないという素人のボヤキなのだから、文句を言う事自体に問題があるのかもしれない。


        ただ釈然としない気持ちが残るのは何故だろう。もっと先の未来ではAIによって、そんな芸術性の判断がされる日がやって来るかもしれないね。そうなった時は、素直にその判断を人間は受け入れるんだろうか、やはり「機械には解らないよね」とボヤくんだろうか?


        今日は、銀メダル一つ、銅メダル二つ日本選手が取ったようだ。頑張って欲しいよね、やはり。「頑張れ、日本選手」。できるだけ多く中央ではためく日の丸と君が代が聴きたいなぁ。


        さて今日もブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょうか。

         

         

        ではまた。

        | ごたく | 20:00 | comments(0) | - |
        「Spotify」を使ってみた
        0

          昨日の朝、気温は-7.5度。今季最低でここ15年でも最低の気温だった。ただ最近は麻痺してしまったのか、外に出てもあまり「寒い!」と言う感覚がわからなくなってしまった。近所ではあちこちで水道が凍ったとか、トイレが使えないとか、太陽熱温水器が破れたとか、寒冷問題が多く聞かれる。

           


          さて今朝の気温と言えば、-8度(公報気温ではないよ。飽く迄もわが家の庭)。あっさり昨日の記録を塗り変えてしまった。いや、やはり今年は変だね。プチ氷河期にでも入ったのかしらん。

           


          このところ、いろいろ考えることや用事が多くブログの書き込みが滞っていますね。「あまり良くないなぁ」と思いながら、流されています。まぁ、こんなことも有りますかね。

           


          自分は結構若い時期より耳鳴りがあり、そう30年以上前からかな。ずっとニイニイゼミが鳴いてる感じ。当時仕事が忙しく「まぁいいや」ってすぐに医者に罹らなかったら、「早く来なかったから治りませんね」って言われたんですよ。

           


          そのせいか、あまり音楽を聞かなくなってきてたのです。聞きたい曲が最近の歌に無いというのも原因の一つだけど。そんな訳で、自分から音楽を聞くことは、ほぼなくなっていたんだけど、先日スマホにアプリをインストールして使い始めたことで一転。

           


          最近は毎日のようにパソコンのキーボードの横でスマホから音楽が流れている。それは「Spotify」と言う無料で音楽が聞けるストリーミングサービスのアプリ。ただし無料ユーザーの場合、選択したアーティストの歌が全て流れるわけではないんだけど。

           


          また時々歌の間に15秒程度のCMが入ることもある。歌のダウンロードも出来ず、聞くだけですね。シャッフルされて間に流れる歌はほぼ同じジャンルなので、無料だと割り切ればそれ程気にはならない。「こんな歌もあったな」と嬉しくなることも。BGMとして使うなら「とてもいい」と感じているのです。

           


          まだ使いはじめて日が浅いので、全ての使い方まではっきり解ってはいないのですが、当面このアプリを使って歌を聞く日々が続きそうな予感。

           


          あ、ストリーミングサービスがどのくらいのデータ量になるのかと言えば、1時間聞きっぱなしで標準音質で約42MB程とのこと。気になる方はWi-Fiで使う事をお奨めします。スマホの通信料が上がるのは嫌なものですからね。

           


          今日はここまで。暫くこんな日々が続きそうなので、ブログの回数は少なくなりそうです。悪しからず。

           


          では、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょう。

           

           

          それではまた。

          | iPhone | 11:00 | comments(0) | - |
          車検のお知らせが来た
          0

            今朝の気温は-6.5度。先日、お湯が出なかった気温を更にダウン。ただ先日、凍結防止ヒーターをセットしたので今日はその状態を免れる事が出来た。メデタシ、メデタシ!

             


            配管の保温材を外すと、給湯側だけヒーターが入っていた。給水側には無し。これじゃダメでしょ。2mのヒーターを探したけど売り切れていた。大は小を兼ねるだろうと3mを購入して給湯・給水両方にヒーターを設置したというわけです。

             


            これで給湯器凍結の心配はなくなった、一安心です。それにしても今年は寒い。関東地域では、水道管の破裂が相次いでいるようですね。保温のない塩ビ管じゃ破裂するでしょうね。これまでそんなに寒いことが無かったって事でなのかな。

             


            さて、先日ディーラーから「車検が近いので」とお知らせに来た。「いつだったっけ?」「3月です」と自信もって言われても6月だし…。買った店なのにね、こんなこと間違えるなんて困ったものだ。

             


            しかしこの軽四も10年を超えてしまった。ただ走行距離は3万キロに達していない。買い物などちょい乗りが多いせいかな。

             


            ちょっと調べてみたら税金が13年以上になると高くなるようだ。重量税が通常6,6000円から7,600円に。更に18年以上になると8,800円と割増される。

             


            自動車税も通常29,500円のところが、13年以上になると33,900円に増額となるらしい。いや参ったね。そろそろ考えないといけない年数なかな。まだ十分走るんだけどね。

             


            まだ軽四だからこのくらいの割増で済むけど、普通車とか大型の自動車の場合更に加算されることになるね。クワバラ、クワバラ(おっと、死語かな)。

             


            …と言うことで、今日は可愛がっている愛車の車検について。「必要なんだけど維持費がかかる」多くの人が悩む問題かな。車検費用についてもどこまでかけるのが良いのか、答えは出ないね。

             


            自動車をチェックして「これならあと○年は大丈夫!」と背中を押してくれるくれるサービスは無いかね。何処を交換すべきか、何を修理したら良いのか、さっぱりですよ。さーて、暫く悩みましょうか。

             


            さて、今日もブロディ・スミス氏のトリックショットを見てみましょう。

             

             

            では、また。

            | ライフ | 14:00 | comments(0) | - |
            | 1/7PAGES | >>